患者さんの心を開く環境づくり

終末医療の現場では、看護師が患者と接する時間が長くなることから、重要な役割を担うことになります。特に、病状が進行し治療の施しようがなくなるほど、医師よりも看護師の役割が増す事になり、残された時間を有意義に生きる為にも、尊厳維持を重視したケアを提供する事が必要とされます。そのため、看護師が日常的なコミュニケーションを通じて感じ取った、それぞれの患者へ適した接し方が不可欠で、患者の希望する形で治療を提供し、尊厳を重視した最後の迎えることができるように、環境をつくりだすことが大切です。終末医療にかかわるナースは、早期の段階で患者の希望する最後の迎え方を把握しておく事が重要とされるために、プライベートなども気軽に打ち明けられる良好な関係性をつくり、延命治療を望むかどうかも含め、個々の意思を確認しておくことが求められます。患者とのコミュニケーションを通じて得られた情報は、医師に報告するだけではなく、家族にもその意向を伝える事が大切で、患者の尊厳維持のためにも、治療法や薬物の使用など、家族の方の了解を得る事が欠かせません。これらの理由から、終末医療の現場ではナースの役割が大変重要になります。この医療現場でも、看護師という職業上、女性が中心となり看護に従事することになります。この医療現場では患者も看護師への相談を通じて重大な決断を迫られる事も多々ある為に、患者の悩みが打ち明けやすい環境を、早期の段階で築くことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です